企業の方へ

特許情報のご紹介(電気・電子・IT)

電圧源の波形歪を改善するアクティブフィルタ ~ 電圧源アクティブフィルタに関する技術 ~

管理番号 2012-008

技術の名称

電圧源の波形歪を改善するアクティブフィルタ ~ 電圧源アクティブフィルタに関する技術 ~

キーワード

波形歪,交流電流,波形補償,アクティブフィルタ

番号 特許出願済み HP掲載日 2012-10-17

技術の概要

近年、パワーエレクトロニクス機器の総容量の増大に関して、高調波負荷電流も増大している。そのため、電源電圧波形の歪が増大しており、この電源に接続される機器に傷害がおこることが懸念される。このような高調波を含む電源系統の高調波障害防止対策としてこの電源系統にアクティブフィルタを設置して電源系統の電流又は電圧の信号を検出し、得られた信号から高調波成分を抽出しその高調波電流成分を打ち消すように補償電流を流すことが知られている。しかしながら、①並列インバータの動作電圧を交流電源電圧の最大値以上に設定することが必要となる、②適切な大きさの歪波補償電圧を線路インダクタンス部発生させる必要がある、③インバータに対して正弦波PWM制御をかける場合、高い直流電源電圧でのスイッチング動作を必要とするため回路損出やノイズが発生する、などのマイナス要因が懸念される。

そこで、歪波電圧源の波形改善の為に直列インバータで歪波補償電圧を発生する際に直列インバータの直流側のコンデンサ電圧を一定に保ちながら歪補償電圧を発生する時の波成分の検出ゲインや波形補償電源による非線形動作の影響を受けないように、電圧源アクティブフィルタによる波形改善を実現可能にした。

 

活用のセールスポイント

○ 小容量のインバータ回路で低波形歪の交流出力を得る
○ インバータ回路の制御方法を選択することで、歪波成分を抑制できる
○ スイッチングノイズの発生が少ない

 

説明図等


想定される応用分野・製品、市場規模

① 小容量の直列インバータと小さな受動フィルタでも電圧源アクティブフィルタを構成可能
② インバータによる交流電源システムの小型化
③ 商用電源電圧波形の小型波形改善装置

PDFを閲覧するにはAcrobat Reader、またはAcrobat Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社WEBサイトからダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードはこちら

人材募集 スタッフ紹介 IDを取得するには リンク集