特許情報

LDPC符号の検査行列を利用したバースト誤り検出法

管理番号 2012-004
技術の名称 LDPC符号の検査行列を利用したバースト誤り検出法
キーワード
番号 なし

技術の概要

Low-density parity-check (LDPC) 符号は,繰り返し復号と組み合わせることで高い復号利得が得られることが知られており,ハードディスク装置などの誤り訂正符号として盛んに検討が行われています。しかし,LDPC符号を用いた繰り返し復 号では連続的な(バースト) 誤りが発生した場合,大幅に復号利得が低下します。
バースト誤りに耐性を持った繰り返し復号を行うためには,バースト誤りの位置と長さを検出して,バースト誤りを考慮した繰り返し復号を行うことが不可欠となります。
ハードディスク装置におけるバースト誤り検出には,再生波形の振幅変動を利用した検出法が主流となっています。そのため,振幅変動を伴わないバースト誤りの検出はできません。
そこで本研究では,図のようにLDPC符号の検査行列を利用することにより,振幅変動を伴わないバースト誤りが発生した場合においても,バースト誤りの位置と長さを検出する方法を提案しています。

説明図等

想定される応用分野・製品、市場規模

・記憶装置等の誤り訂正符号として,LDPC符号を用いた繰り返し復号法への利用
・有線および無線通信におけるバースト誤り検出法として,通信分野への利用

このような研究パートナーを希望します!
記憶装置等のバースト誤り検出の実用化に向けた技術開発を希望するパートナー